ペナン・ライフスタイル

マレーシアのコンド、床掃除の道具

マレーシアのコンドミニアムの床、何で掃除していますか。

モップをかけるという方が多いと思います。

 

この掃除道具は、床と接する部分に、ゴムというかスポンジというか、そういうものがついています。

ここに洗剤水をつけて、床をみがくものなんです。

で、しぼるときには、上の方を引っ張ると、そのスポンジがまんなかから折れ曲がるという工夫商品!

イオンのお掃除グッズコーナーだったでしょうか。

モップは面倒だな、「機能的なもので掃除したい」と思った私は、期待して買ってみました!

 

さて、どうだったかというと、

1、まず、床に線がつく、後が残るんです。で、乾くと、むしろ汚れが残っているみたいな感じになりました。

2、そして、しばらく使わないと、このゴムの部分が乾燥してまったく水を吸収しなくなるので、折り曲げるなんて無理!! スポンジというより石? ひっぱってもひっぱってもびくともせず。水をきるどころか、水も入っていかなくなります!

 

1については、やり方によるのかもしれません。上手なやり方があるのかな。

2については、毎日床掃除をする方なら問題ないと思います。しばらく放置するとこうなるということで。。。マレーシアは暑いですしね。。。(←気候のせい?)

 

というわけですが、私の場合は、結局、この商品を使いこなせませんでした。

見た目で期待できそうに思ったんですが、あわないこともありますね。

結局、普通のモップに戻ってます。