ペナン・ライフスタイル

マレーシアのバドミントン・コートを借りて楽しむ

先々週、ペナンでバドミントンに行きました。

場所は、YMCA。

 

お友達が、コートを予約してくれたので、私は参加しただけですが、平日の昼間は安いし空いてますね!

休日や夜間は、倍のお値段のようですが、予約でいっぱいだそうです。

 

さて、私たちと同じ時間にコートを取っていたのは、KLからたまたま来ていたマレーシア人の夫婦。

「一緒にやろう」ということで、ダブルスでやったのだけど、

このおばさまが、まさかの疲れ知らず!

 

私たちは、3人で適度に交代していたのに、おばさまは、出突っ張り。

私がヒーハーヒーハー息を切らしている中、中華系の明るいおばさま(50代後半)、休もうという訳でもなく、

「プラクティス、プラクティス」

と言って、ラケット離さず。このスタミナは何かしら?

何が違うの?

 

 

そんな中、私のラケットのガットがグニャリと。

「エイミーさん、それ、すぐ外の店で、ガット変えてもらったらどうですか」(ヨネックスのラケット持ってきてたお友達)

「ううん、でも」(私、モゴモゴ)

 

「安いと思いますよ」

「でも。。。これ、MR. DIYで買ったやつだからさ、張り替えても。。。持ち手も壊れて来てるし、他の部分も弱いし。」

(←かっこ悪いのであまり言いたくなかった)

 

お友達、自分のヨネックスのラケットを置きました。

そして、私のMR. DIYラケットを持ち、しばし眺める。

 

沈黙

 

「やっぱり、MR.DIYでは…」(←言いにくそう)

 

もう一度、沈黙。

 

(気まずい。。。。)

 

「ええっと、次回は、別の買って来ます!」(無理に明るい感じで!)

「そうですね!」 (←お友達、ホッとした感じ)

 

 

というわけで、この話の教訓は、バドミントンのラケットは、MR.DIYで買うなということでしょうか。(←具体的すぎる)

 

 

さてさて、YMCAのコートは綺麗だし、バドミントンは、とても楽しかったです。

駐車場は、出すときにおじさんが寄って来ます。その人に2rm払いました。(マレーシアよくある)

汗をかきやすい人は、着替えがあるといいかもしれませんね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村