ヨガ

クンダリーニ・ヨガのレッスンって何してるのーレギュラークラスの様子

金曜日のレギュラーレッスンは、プリマタンジュンのimediaというスタジオで行なっています。

受講者のみなさんは、来られると各自マットを敷いて、水筒を横に置いて、あとは

おしゃべりをしたり体を伸ばしたりしてリラックスされています。

 

10時にスタートです。

ほとんどの場合、呼吸法からスタートします。ここでみなさんの空気がピッと変わります。

楽しくおしゃべりしていた雰囲気から、精神を集中させるモードに切り替わるんですね。

 

ウォームアップとチューンインを行います。

ウォームアップでは、簡単な動きで体をあたためます。ここでしっかり動かしておくと、

クリヤの効果が高まるので必ず行います。

気持ちも、体も、日常とは違うので、少し準備があったほうがいいんですね。

 

それから、クリヤ(一連の決められたエクササイズ)に入ります。

このクリヤは、マスターであるヨギ・バジャンが与えたものなので、ティーチャーも

変えることはできません。世界のどこに行っても、有名なティーチャーのクラスでも

練習生のクラスでも、クンダリーニヨガ(ヨギバジャンの与えた)では、同じクリヤを使っているのです。

 

クリヤは、「〜のためのクリヤ」のように、名前が付いていることも多いです。

例えば、「背骨のためのクリヤ」といったようなことです。そこをメインに効果をあげるとされています。

ただもちろん、ヨガは全体に働きかけるものなので、全然違うところが良くなったりすることもあるでしょう。

 

クリヤを終えると、ディープリラクゼーションに入ります。体をマットに横たえて、体の力を抜きます。

目を閉じて、できるだけリラックスします。

この時には、ディープリラクゼーションに向いた音楽をかけています。

電気も暗めにして、7分から10分ほども使います。

私自身は、この時間が大好きです。(ほとんどの人が、この時間は好きと言いますね!)

まだクンダリーニヨガをはじめてまもないころ、ディープリラクゼーションに入る前、

寝そべって天井を見た時に、

「この時間、こうやってここで横になっている、なんて自分は幸運なんだろう」と感じました。

今でもその時のことを覚えています。

 

最後は、瞑想です。普段は、3分程度のことが多いです。3分でも、瞑想はそんなに簡単ではありませんよね。

でも、クリヤをして、ディープリラクゼーションをしているので、瞑想をしやすい状態になっています。

だから、日常生活で急に座って瞑想をするよりは、ずっと楽にできることに気づくでしょう。

 

最後、チューンアウトをして終わります。

 

ここまでで、70分のレッスンです。

こういうことを、毎週行なっています。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村