ペナン・ライフスタイル

インターナショナルスクールのオープンデー

インターナショナルスクールでは、よく、「オープンデー」というのを開きます。

その学校に子供を入れたいと思っている保護者が、子どもを連れてきて、学校見学をするものです。

普段でも、だいたいの学校ではアポイントをとれば見学させてくれると思いますが、

「オープンデー」は、学校側が開くものなので、気軽に参加できるという利点がありますね。

 

先日、ペナンのインターナショナルスクール「プリンスオブウェールズ」でも、

オープンデーが行われました。

 

10月27日には、「テンビー」インターナショナルスクールで、オープンデーが行われるようです。

(というのを、道路沿いの宣伝で見かけてーそれはマレー語だったので読めなかったけどー

サイトでチェックすると、やっぱりオープンデーでした)

10:00am-12:00で、校長先生の話が、10:30と11:30とありました。

 

「お子さんに向いている学校を選ぶ」という時に、

その学校がどこに力を入れているのか、とか、

子どもの教育で大事に思っているポイントはどこか、とか、

しっかりした先生を雇っていそうか、

生徒は楽しそうにしているか、など、チェックポイントは色々あると思います。

 

私の経験では、人から聞いた話と、実際に行ってみた印象が違っていたこともかなりありました。

どんな人から聞く話でも、当たり前ですが、その人の考えが入ってきます。

それに、状況が違うと重視するポイントも違いますよね。

 

私自身は、やっぱり実際に自分で行ってみてよかったなと思いました。

最終的には、お子さんの希望がかなり重要になると思うのですが、

その時も、オープンデーや見学などで、お子さんがイメージしやすくなっていると決めやすいかもしれませんよね。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村