ペナン・ライフスタイル

マレーシアのオーガニックショップで、これが美味しかった(1)

日本ではあまり見慣れない野菜も、マレーシアでは売っています。

 

このお野菜は、日本でも食べたことがあるのですが(←あれ?)

 

でも、そこまでメジャーではないような。。。(←どっちなの)

 

もう、分からないですが、(←あきらめたのかよ!)

 

 

 

ジャーン。

 

 

これ。

日本だと、「ツルナ」らしいです。

マレーシアのオーガニックショップでは、「New Zealand  spinach」(英語名)として売っていました。

 

私は好きでよく買っています。

炒め煮で、しょうゆ、黒砂糖、唐辛子などで味付けて食べてます。

スープなどに入れることも多いようですね。

 

問題は、茎が硬いこと。

でも、茎をとっちゃうと食べるところ少ないです。

ので、調理の際には、茎の部分と葉の部分は別に調理した方がいいと思います。

葉は柔らかいので短時間で調理ができます。

 

 

ところで、この記事を書くにあたり、「New Zealand spinachって本当につる菜なの?」って思って

検索したら、ちょっとびっくりしました。

1)果実は海流散布する、とありました。果実が海を渡るってすごいですね。だから海沿いに自生するらしいです。

2)「現代では食用ではなくグラウンドカバーとしても栽培される」

食べないで、庭の芝生的な役割?

言い方を変えれば、グラウンドカバーを食べるということか。。。(←言い方を変える必要が。。。)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村