ペナンでお買い物, ペナンで食べ物

テスコで売ってたこれ!初めて買ってみました。

テスコの野菜売り場。

生姜の横に、生姜っぽいけど、オレンジ色のものが売っていました。

ちょっと気になっていたんですが、なんだかわからず。。。

 

 

 

なんか、カイコっぽいな…。

 

違う種類の生姜かな? 買ってみようかな… でも、どうやって使うのかわからん…。

 

外国で知らない食材に出会う、そんなとき、あなたはどうしますか?

諦める、

それとも、スマホで調べる? ← 今どきの人ですね。

 

私は…

 

今時の人でなく..

というか、もう繊細さもなくなってきたので…

そしてここはペナンだから…

 

こんな時に、

 

ふと見ると、

チャイニーズのアンティー(65歳ぐらい?)が

屈みこんで、その生姜らしきものを熱心に選別しているではないですか!

 

もちろん、

話しかけるわけです!!

 

「それ生姜?」(私)

「違うよー。これは、カレーに入れたり、えーっと、

ほら、イエローイエロー(なぜか2回)、あ、なんていうかな」(アンティー)

「ターメリック?」(私)

「そうそう」(アンティー)

「そうなんだー!」(私)

「イエローイエロー(なぜか2回)は、マレー料理でも入れんのよ。

インド料理のカレーもそうよ」

「えーこれなんだ。ターメリックは知ってるけど、パウダーしか買ったことないわ」(私)

「中国人も食べるよ。癌を防ぐっていうよ」(アンティー)

「どうやって食べるの?生で食べるの?」

「中国人は(メインランドの話かな)、ジュースにするのよ。健康のためにね。

でもここでは、サンバルがあるでしょ。

サンバルわかる?どこからきたの?」

「日本。でもわかるよ」(私)

「何年住んでんの」(アンティー)

「6年」

「で、サンバル。私は、ご飯にサンバルつけて、これをカットカット。(身振りつき)

で、食べんのよ」(アンティー)

「生で大丈夫?」

「おっけーよー」

「私も買って見るわーありがとうya」(私) (なんとなく語尾になんかつける。愛嬌?)

と言うことで、情報ゲット!

ありがとうアンティー!

 

アンティーの話しをまとめると、

 

1)これはターメリックだ(検索すると、見た目が違うんですよね。違う種類?)

2)中国人はそのままジュースにするよ

3)癌を予防すると言われているやつだよ

4)アンティー(この人)は、ご飯、サンバルと一緒に食べるよ。

 

でした。

 

私の場合、ペナンに住んで、知らない人に話しかけるって、

日本にいるときより、すごく増えました。

日本で、知らない人が話しかけるってあまりないからちょっと警戒しちゃいますよね。

ペナンだと、よくあることだからだと思いますが、

話しかけても、「この人何ー」と言う顔もされたことがありません。

と言うか、私もしょっちゅう話しかけられるので、多分、ありな気がする。

 

このあと、レジの人がいなくて、

前後の見知らぬ人と一緒に、

「遅いねー」「このレジ開かないのー?」と言い合ってました。

 

ペナンだって、いいところばっかりでなく、問題もたくさんあるでしょう。

でも、ニコニコして機嫌のいい人や、幸せそうな人が多いような感じがします。

きっと、こういう「小さなコミュニケーション」も関係しているのかなーなんて

思います。

 

少なくとも、私の場合、こういう小さなコミュニケーションが、

日々の幸せ度をちょっとだけあげている気がします。

 

孤独を感じやすいだろう海外暮らし。

ペナンだったら、寂しくなりにくいかも。

 

私は、ペナンで、いつもこうやって助けられているんだなって思います。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村