ペナンで食べ物, ペナンのお店, ヨガ生徒さんの声

家式(マイホームスタイル)で夕ご飯(ペナン・人気のレストラン)

土曜のクラスは、遠く

クイーンズベイ方面からタンジュンブンガまで

車で来てくださる方が3人もいます。

帰りは道がこむかもしれないし、

18時10分に終わっても大変だろうに

レギュラーとして来てくださって、本当に感謝してます。

 

さて、昨日は、いつも来てくださるご夫婦の奥様のみ

一時帰国中。

遠くから来てくださっている方もいらっしゃるし、

「よかったらこの後、みなさんでご飯食べに行きませんか?」ということに。

 

と、私が言い出したわけですが、

Aさん「ヨガの途中から、今日は絶対、みんなでご飯だろうと思って

ワクワクしてましたーーー」と。

(←楽しみはわかりますが、集中してください!(笑))

 

ご都合があう人で、家式飯店(マイ ホームスタイル)に。

タンジュンブンガの住宅街にある人気の中華料理店。

郊外のお店ですが、いつも混んでいます。

(ローカルの中華系友達にこの店に行くという話をしたら、

驚かれ、「クレバー」と褒められました。

観光客向けでない、いいお店知っているよね、という意味で

ほめられたようです)

 

ものすごく美味しくて驚くというレストラン料理ではなく、

何食べても大丈夫という安定した美味しさ。

旅行に来て、「変わったもの食べたい」という人には

向いてないかもしれないけど、

ペナンに住んでいて、ぷらっと気軽に食べるのにぴったりです。

 

 

お店の人が昨日おすすめしてくれたのは、

「ロースト、またはフライのチキン」のようでした。

「フライ」の方を注文。

皮にしっかり焼き色がついていて、北京ダックのような色のチキンが

お皿の上にどーんと。

ピンクのカリカリの揚げたライスチップス(?)で囲まれて、

チキンと言っても、ゴージャスな雰囲気です。

 

「ゴーヤと卵の炒めもの」は、卵が柔らかく、

黄味の色がきれい。

以前、ローカルのお友達と来た時に、

「これがいいよ」と勧められたものでした。

ここの一つのシグネチャーディッシュのようです。

 

「揚げ豆腐の上にナスをのせたもの」

ナスを油をしっかり使って炒め、

ニンニク、豆豉も入っているかな?

醤油ベースの甘辛味。

それに豆腐の柔らかな舌触り。

日本からきた人には、慣れた味に似ているけど、ちょっと違う。

食べやすいのに少しだけ新鮮でいい感じ。

 

野菜は、「カンコンのスパイシー炒め」。

辛くて濃いめの味。

ご飯にもビールにもあうのでいいですね。

 

あたりも少しづつ暗くなってきました。

外の丸テーブルで6人。

テーブルの上には、テントのようになっていて、

電気がついています。扇風機の風が当たります。

 

料理を食べながらも、どんどん、しゃべる、しゃべる。

 

実は、そんなに共通点のない土曜ヨガクラス。

年齢もバラバラ(30代から50代後半)

男性の方が多いグループ(ヨガクラスなのにすごく珍しい!)

ペナンに住んでいる理由も様々。

 

駐在でご夫婦で来られている方、

単身赴任の方、

こちらで働いている方、

ボランティアされている方、

お子さんの教育のために来ている方など、

それぞれ状況が違います。

 

そして、ご夫婦の方以外は、

それぞれお一人づつ

「ペナンでヨガ」にお申し込みされました。

 

最初は、「大丈夫かな?」という警戒心もあったかもしれません。

新しく人と知り合う時、新しいことを始める時って

少し怖いし、警戒する気持ちもあるし、不安もありますよね。

でも、それを乗り越えて申し込んでくださった人たちが、

レッスンを継続するうちに、

こんなに打ち解けられる関係性を作れているんだなって

感動しています。

 

何ヶ月か前には、同じペナンに住んではいても、

顔も知らなかった人たちが、

こうやって一緒にご飯を食べて、大笑いしている。

 

今までの仕事のことや、

今、興味を持っていること。

ペナンに住んで感じていること、

夫婦のコミュニケーションについてとか、

女友達が多かったか、男友達が多かったか、とか

子どもの頃の話…などなど。

 

知り合って数ヶ月のグループで、

こんなことまで話して、いつまでも喋っていたい、なんて

本当に驚きです。

 

クンダリーニヨガのレッスンって、

少し「変わっている」のですが、

そのエクササイズを精一杯やって、

(目をつぶってやるので他人の目は気になりません)

ディープリラクゼーションをして

(気持ちよく眠る人、いびきかく人もいます)

瞑想をしていると、

もう、かっこつけたりする必要がなくなって、

そのままの自分でいられる空間になっていきやすいのだと思います。

 

家式飯店(マイホームスタイル)で、

盛り上がりまくって喋って、

そのあと、帰りたくなくなって(←またか!)

「Javu cafe」に移動して、

まだまだ、しゃべる、しゃべる。

笑う、笑う。。。

 

ペナンの中で、同じ人たちばかりと会ってるな、

人間関係も少し疲れ気味、という人がいたら、

ヨガクラスはどうですか?とおすすめしたいです。

義務がなくて、でも、時々すっごく楽しい。

「こんな人でなくてはいけない」というのもなくて、

ヨガクラスに参加して、たまにはご飯を食べにいく仲間。

親密感はあるけれど、オープンなので、誰でもウェルカムです。

 

私も、クラスに出るのを、心から楽しんでいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村