ヨガ

真剣なクラスでデモストレーションをしたのですが

クンダリーニヨガのクラスでは、

ティーチャーは、皆の前でデモストレーションをしますね。

なるべくわかりやすく

呼吸とのつながりなども説明するようにしています。

 

土曜のヨガクラスでのこと。

 

最初は呼吸法からスタート。

舌をUの字にする呼吸を行いました。

目をつぶって真剣に行います。

呼吸法の時には、音楽はかけないので、

かすかな息の音しか聞こえません。

 

それを1分30秒行い、ウォームアップに入りました。

デモストレーションの時は、

音楽はかけず、生徒さんは真剣にこちらのいうことを聞いています。

目をつぶってエクササイズを行うので、

この時にきちんと聞かないと間違うかもしれないからです。

 

スパイナルフレックスを行い、

バタフライポーズ。

座った状態から、両足のひらを体の前で合わせ、背中を伸ばし、膝を上下させます。

股関節をウォームアップするのにいい動きです。

 

 

全員が、熱心に行って、集中力も上がっています。

 

私も大きな声で、

「では、今度は、バタフライのそのままの状態から、

体を前に倒し、また起き上がって同じポーズ。

それを繰り返します」

 

と声をかけました。

ところがここで、呼吸と動きのつながりに、一瞬、混乱しました。

 

吸った時に体を前に倒すのか、吐きながら倒すのかです。

どっちかと思った時はやってみればいいので、

デモストレーションもかねて、生徒さんの前で、

「まず、体を起こします」

 

生徒さんも、真剣な顔でこちらを見つめます。

先生の一挙手一投足、に注目するタイミングです。

 

 

 

シンとした室内。

 

全員が私に注目します。

 

「そして、倒す」

 

言葉をとめました。

 

 

心の中で、「みなさん、私を見てください、これですよ」と呟いた私。

 

そのまま、体を前に、、、

 

勢いよく、、、

 

倒すと、、、

 

 

 

ゴゴン!

 

え?

イタタタ・・・

 

額をコンクリートに強打し。。

 

 

あっけに取られる生徒さんたち。

静まり返るクラス。。。

 

 

 

何もなかったかのように起き上がり、

 

 

「息を吐く時には倒します」。

 

 

…。

 

 

レッスン後、

「エイミーさん、額、大丈夫ですか?」

 

ひ、ひたいは大丈夫ですよ。。。

 

こ、こころの方が、、、

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村