ペナンでお買い物, ペナンで食べ物

今年はドリアンがすごい!(ペナンのドリアン!)

ドリアンシーズン真っ盛りですね!

今年は、ドリアンが豊作なんでしょうね、ゴロゴロたくさん。

 

よくない年は、値段も高く、味もそれほど、、、だったのですが、

今年ペナンにいる人は、ラッキーですよ!

 

美味しいドリアンを求めて、バリクプラウに、、、とまでしなくても、

(もちろんそれも楽しいですが!)

マーケットでも十分、美味しいのがお得な値段で楽しめました。

 

先週の出来事です。

日本から来たお客さん。マレーシアをコタキナバル、KLと回って、ペナンに来ました。

ドリアンは食べましたか?ときくと、KLで初めて食べたら、全然美味しくなくて、かつ、それ以降体調が悪かったとのこと。

もしかしたら、観光客と思って良くないのを渡されちゃったのでしょうか。。?

 

「ドリアン、ペナンのだったら美味しいんですかね?」とそれほど乗り気ではない様子。

とりあえず、みなさんはマーケットの中を散策したいとのこと。

でも、私は、せっかく日本から来たのだから、美味しいドリアンを味わって欲しいなあと思っていました。

 

 

タンジュンブンガマーケットのホーカースペースの近く、中華系のおじさんたちが果物を売ってますよね。

もう昼の12時近かったので、お店も閉まりかけ。

いつものおじさんも、トラックに荷物をのせて片付け中。

「フィニッシュ?」ときくと、

なんとか、と(多分、ホッケンで)答えました。

話しかけたはいいが、全くコミュニケーションできないわたくし。。。

 

「ドリアン、ドリアン」というと

(←相手のいうことがわからなくても、とりあえず喋り続ける、ペナンでの暮らしです。。。)

ああ、とうなづいて、他のおじさんたちの方を指さします。

あっちで買えということらしい。

 

うーん、そのおじさんたちか。。。

知らない人ばかり。しゃべったことないけど、大丈夫かなあ。

日焼けしてがっちりとした、半裸のおじさん。大きなタトゥーも入れてますね。

「ドリアン?」と私にききます。

そのおじさんの周りに、暇そうなおじさんたちが3人ほど。ぼやっとしながらこちらを見てます。

 

うーん。どうかなあ。。。

ペナンにきて多くの人が気がつくと思いますが、日常の買い物で、滅多に「ぼる」人っていませんよね。

外国人の私でも、買い物中にされたことは、すごく少ないです。

 

ただ、私の経験でいうと、ドリアン屋台では別なんです。今まで、(多分)ぼられたり、すっごく美味しくないのを勧められたりと、あれ?おかしいなと思った経験が複数あるので、警戒心あるんです。

 

だから、知らない人から買うの不安なんですよねえ。

KLで美味しくないドリアン食べて、またペナンでもだったら、きっと嫌だよねえ。

大丈夫かなあ。

 

迷っている私に、半裸のおじさんが「ドリアンか」とまたききます。

「友達があっちにいるんだけど、ドリアン食べたいかも」

「何人だ」

「3人、でも、どうしようかな」

「じゃあ、これ、あんたが試しに食べて決めなよ」

 

そういって、開けた中に、一個残っているドリアンを見せます。

「え、でも、いいの?」

一つの実をまるまる試食させてくれるということみたい。ドリアンって、結構高いのにね。。

 

「トライしなって」

 

本当にいいのかな。

太っ腹だな。おじさん。

 

「ほら」

そういっておじさんは、笑顔に。

 

 

も、もしかして、おじさん、いい人?

 

 

10秒考える。。。

 

 

よし、信用するぞ!!

 

 

 

「ありがと!」と言ってもらい、その場で食べると、

あら、美味しいわ!

 

半裸のおじさんは、笑顔で私のことを見ました。

周りのおじさんたちも、親指を立てて私に「グッド」と合図。

 

あれ、みんな優しい、いい人たちじゃん。

 

 

「うん、友達呼んでくるね」

そう言って、他の人たちを呼びに行きました。

 

日本人4人で、おじさんたちのところに。

これ割っていいか、とおじさんがいうので

「いくら?」ときくと、1kg で12rmとのこと。

私が食べた美味しいのと同じ? ときくと、同じ、と言われました。

 

測りにのせて、値段を見せて「26rmだけどオッケーか?」と確認してくれます。

 

ごめんね。疑って!

ちゃんときいてくれるしね。

 

割ってもらったドリアン。たくさん入っていて、二つのコンテイナーに入れました。

 

マーケットの椅子で食べようかと思うと、

周りのおじさんが、「手を洗うのはあっちだよ」とか、色々お世話してくれます。

(←マレーシアあるある)

 

みんな、ニコニコして、私たちがドリアンを運ぶのを見てます。

なんで、そんなに警戒したのかな、私。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ドリアンはどうだったかというと、

「KLで食べたのとは全然違う!」とすごく喜ばれました!!

 

おじさんたち、本当にありがとう!

 

ーーーーーーーー

というわけで、

1)タンジュンブンガマーケットのホーカースペースの前に出てる果物屋さんのところ、

ぼったりしない、真面目で優しいおじさんたちでした!

2)キロ12rmのドリアン(ブランドものでない)のに、かなり美味しい!今年は当たり年ですね。

 

ーーーーーーーーーー

別の日には、一人で買い物に。

この日も、12時近くで、もう閉めるところ。

例の半裸のおじさん(この日は赤のポロシャツを着用、なので半裸のおじさんではない)から、

タッパーに入っていたドリアンを買いました。

タッパーに入っていたし、値段も安いから期待していなかったのですが、

実は、これすらかなり美味しかった!

(詳しくいうと、半分ぐらいはそうでもなく、半分ぐらいはすごく美味しかった、ので、

二つのドリアンからとったのかな?)

 

ジャジャーン。

 

今がシーズンのドリアン。

今年ペナンにいるなら、食べた方がいいかも!

来年もこんなにいいかは、まだ分からないですよ!

 

そして、こうやって「お世話」してくれるおじさんたちがいたり。

ペナンにいると、親切にされることの方が、本当に多くて。

 

いつも、嬉しいことの方が多いペナン生活。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村