ペナンで食べ物, ペナンのお店

え、それも決まるの?(インド料理屋さんで)

ペナンでどこかのお店に常連になっている皆さん、

こんなことでお困りではありませんか?

 

違うメニューが頼めない!

なぜなら、顔を見られた時点で、オーダーされている可能性があるから!

 

※私の2軒目の常連店(あだ名がオニオンウッタパムだったとこ)は、

信号のすぐ近くにあります。

うちから行くと、

車をuターンさせる必要があるんです。

だから、毎回そこでUターンするのですが、、。

 

恐ろしいことに、

Uターンする私の車を見た途端、

注文入れていたそう。。。

 

席についたらすでにマサラティーが置いてあったので

「早いね!」と何気なしに言ったら、

「そこで車見たからね!」と

道路指さされました、、、。

 

 

←ほ、他の用事だったらどうするの!

 

ーーーーーーー

一回、こうとメニューが決まったら、

それを変えるのが難しいのが常連の宿命、、。

 

というか、お店の人がもう決めてるから、

従うだけなのよ、、。

 

ーーーー

私の場合、メニューはいいんです。

本当に同じものを毎日食べても平気なので。

 

ただ、前回衝撃を受けたのは、

お店の人が、これも決めちゃうの?」という話。

 

日本ではこんなこと、起こらないと思いますよ、、。

みなさん、覚悟はいいかしら?

 

ーーーーーー

いつものお店、A店。

朝ごはんを食べる(昼ごはんも時々)インド料理屋さんです。

 

ある日、お会計をしようとキャッシャーの前にたったら、

今日のキャッシャーは、インド人の中年店員のCさん。

立派なヒゲを生やしたおじさまです。

 

「ーーーrm、40セント」と言われました。

お札を数え、50セント硬貨も出しました。

 

おつりの10セントを返そうとするCさんに、

いいよと断って、帰ったんです。

 

で、そんなことは忘れてました。

 

ーーーーー

 

次の日、また食べに行きました。

キャッシャーに行くと、昨日と同じヒゲのCさん。

 

同じもの食べたので、

またーーrm、40セント。

 

何気なしに、

また、お札と50セントで払いました。

 

Cさんは、

「センキュー」とお金を受け取ると、、

 

キャッシャー処理をして、、、

 

 

あれ?

 

キャッシャー閉めちゃったよ!

 

 

おつりとレシートをなんとなく待ってるんですけど!

 

Cさん、戸惑う私に

 

ハブアナイスデー」とニッコリ挨拶。

 

 

お、終わり?

 

 

お、おつりは、返さないって、

 

いつ、誰が決めたの?

 

(←もちろん、Cさんがもう決めた!)

 

 

そ、そうよね。

私じゃないわ。

 

あなたが決めるのよね、、。

 

 

 

なんで帰らないの、と不思議そうにこちらをみるCさんに、

 

冷静を装おう私。

 

 

は、

 

「はぶあないすでー」

 

とぎこちなく手を振りましたの、、。

 

ーーーー

 

メニューが決まっただけでなく、

 

今後は10セント多く払うと決まったらしいですのよ、、、。

 

 

 

い、いいの。

それもいいのよ、Cさん。

 

 

ただね。

 

あだ名は

「10セント」ってつけないで

欲しいだけ、、。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村