ヨガ

2019年最後のレッスンが終了

2019年最後のレッスンが終了しました。

 

生徒さんに向けて書きました。

 

ーーーーーーーーー

●今年から「ペナンでヨガ」に入った生徒さんへ。

 

2019年は、新しいことを始めた年となりましたね。

「ペナンでヨガ」の生徒さんは、全員、クンダリーニヨガが初めてなので、

皆さんは、全く知らないことにチャレンジした、冒険をしてみた年ですね。

 

初めてトライアルの予約をするのもドキドキしただろうし、

知らない人の中に入って全く知らないことをするので、落ち着かない気持ちもあったと思います。

特に、クンダリーニヨガは、目をつぶってやるとか、驚きや戸惑いもあったでしょう。

また、人によっては、瞑想をするのも人生で始めてだったかもしれませんね。

 

私は、皆さんを応援すると同時に、一緒にクンダリーニヨガを行う「仲間」でもあります。

クラスに来てくださって、一緒に場の仲間になってくださったことを

とても嬉しく思ってます。

それに、私自身にとって、皆さん一人一人とお会いすることができたことを

とても嬉しく思っています。

 

クンダリーニヨガという新しいことにチャレンジした勇気、

そして、新しいことを受け入れる柔軟性。

そして、それを習慣になるまで続けた皆さん。

 

2019年は、頑張った素晴らしい年だったでしょう。

 

皆さんが、2020年も素晴らしい時を過ごされることを願っています。

 

本当にありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

● 2019年も「ペナンでヨガ」を継続してくださった生徒さんへ。

 

今年もありがとうございました。

皆さんと一緒に場を作ってきたこと、本当に嬉しく思います。

 

継続するというのは、それほど簡単ではないと思います。

それでもヨガを続けられている皆さんは、その強い意志を誇りに思ってください。

 

クンダリーニヨガのレッスンは、一回一回が特別な経験です。

クリヤは、皆さんが、さらに強い人になるための経験を与えるものです。

 

クリヤを終えると、ディープリラクゼーションに入りますが、

そこから起きて、チューンアウトをするとき。

私たちは、クラスに来た時とは、別の自分になっているのです。

 

目に見えないことだけれど、きっと皆さんは、それを感覚で知っていると思います。

私たちは、一回レッスンをするたびに、さらに強い自分になっていく。

一回ごとのレッスンは、少しづつ、私たちを変えていくのです。

 

少しづつだから、皆さん自身は気がつかないかもしれません。

でもきっと、心と身体が、それを知っています。

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

2019年は、本当にありがとうございました。

 

生徒さんは、私と同じ方向を向いている仲間だと思っています。

一緒にレッスンを作ってくださって、本当にありがとうございました。

来年も皆さんと一緒に、レッスンという場を共有していきたいと思ってます。

 

本当にありがとうございました。