ペナンでお買い物, ペナンで食べ物

このお菓子美味しい。名前はわからないけど

チャイニーズニューイヤーが近づいて、

ペナン街中に「赤色」が増えてきましたね。

 

CNYの飾りやアンパオの袋も売り始めたタンジュンブンガのマーケットです。

 

こういうのを見ると、ペナンは中国の文化がたくさんみられる場所だなと思いますね。

 

チャイニーズニューイヤーに合わせて、中華系のお菓子も増えてます。

この写真の手前の方にたくさんお菓子が並んでいたのですが、

私が目をとめたのはこちら。

 

人の親指ぐらいの大きさですね。

飲茶やさんでお皿にのってたら、中が里芋のやつみたいですが、、

 

袋に入ってる乾燥したお菓子なので、お餅かな?

 

 

 

一袋5rmです。

持ってみると、随分軽いんです。

 

買ってみました。

 

お家でお皿にのせたところ。

半分にわると、中はふわふわ?

 

ーーーーーーーーー

 

さて、お味は、、、

 

軽いオカキ(?)に、甘い味とちょっと塩。

あとはゴマですね〜。

 

あげてあるから中はサクサク、フワフワで

軽い舌触り。

 

甘さの中にある、ちょっとの塩味が効いて、もう一つ、もう一つと後を引く感じ。

 

ーーーーーーーーー

 

素朴な美味しさ!

日本の人が食べても、慣れた味に近いし、甘すぎないし、違和感ないと思います〜。

 

 

中華系の人たちの伝統的なお菓子なのかな。

 

ペナンにいると、文化や伝統って、博物館や資料でみるものではなくて、

こうやって、マーケットのお菓子とかで感じられて楽しいです。

 

このお菓子の名前はわからないけど、、。

タンジュンブンガマーケットの外側の果物のおじさんたちのテーブルの隣ぐらいです。

チャイニーズニューイヤー以外の時期は、もしかしたら売ってないかも。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村