ペナン・ライフスタイル

ペナンに住んでいる方へ。精神的な健康にも気をつけましょう

 

上の写真は、みんなでアロマオイルのワークショップをした時のもの。

なんでこの写真を貼っているかというと、「自分のために時間を使う」ということの大事さを思い出してほしいから。

 

 

明日は4月1日ですね。

 

あと2週間はMCO期間中なので、この期間をどうやってポジティブ&ヘルシーに過ごすかを真剣に考えましょう。

もちろん、感染を広げないことが一番大事。その上での話です。

 

 

あなたの心の健康も、本当に大事ですよ、という話です。

これは生徒さんだけでなく、ブログを読んでくださっているペナン在住の方もイメージして書いてます。

 

 

MCOが継続することで、心も元気がなくなってきがちですよね。

それは、

1)孤立感、孤独感 がもちろん考えられるでしょう。

 

 

まず、外国に住んでいる分、タダでさえ不安に感じたりしがち。

「慣れ親しんだもの」が身の回りに少ないって、こういうとき辛い。

 

※MCOが始まった何日めかのこと、スリアナンダのお店に行って、

カレーのテイクアウェイを注文しました。そしたら、お店の人たちがいつもの雰囲気で、、。

知っている顔にあって、笑顔を見せる(マスクだからはっきりわからないけど)だけでも

気持ちが違うな、って思いました。

こういう緊急時に、いつもと同じこと、慣れ親しんだことをするって、「正気に保つ」ためにきっとやくにたつと思うんです。

 

 

社会的孤立感」はもちろん、みんなも言っていると思うけど、、。

もちろん、これも考えた方がいい。

人間は、群で生きている動物なはず。だから、人とコミュニケーションを取らない時期が長くなるというのは、

体や心にリスクが増えることだと思います。

 

 

でも、もう一つ考えた方がいいこともあります。

 

2)「自分自身になる時間」がなくなってしまうということ。

 

MCO中、家族と同じ家にずーっと一緒にいる人は、これも気にした方がいいかもと思って書いています。

「一人になれる時間=完全な休憩の時間」も、人には必要だ、ということです。

 

家事を引き受けている人は、家族が家にいて、むしろ「お仕事」(家事)が増える状態になりますね。

さらに、今は、お子さんがいたら、、、常に「お仕事状態」が続きますよね。(家事&育児)

 

お子さんのケアがズーーっとついて回るので、気がつくと、イライラした気持ち、焦燥感が増えたりしがち。

だって、スマホを見ていたって、お子さんに話しかけられたらそっちを優先するでしょう?

だから、「自分の時間」ではないんです。だって、自分のことは後回しになっちゃうから。

 

この状況下(外国に住み、その国で家から出てはいけないという命令下にある)で、

物理的にも精神的にも「一人になれる時間」を、一日1時間ぐらい取ることは、「贅沢」でなく、「必要」です。

自分をマネジメントしていくこと。

 

こんな状況で、「お母さん」を1日1時間、お休みして「自分」に戻りたいって、誰が文句言えるでしょうか(笑)。

それよりも、あなたが幸せでいることの方が、きっとご家族は嬉しいのではないでしょうか。

 

 

ーーーーーーーーー

MCO期間が延長されて、あと2週間。

 

外国に住むことは、ただでさえ、大変なことが多い。

 

この状態で、「自分の精神状態を健康に保つ」ことも考えましょうね。

 

一緒にのりきっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村