ペナン・ライフスタイル

Netflixでみられるスタンダップコメディで

もう、毎日コロナウィルスのこと、いろんな心配ごと、

そんなことで気持ちが辛くなることもある日々ですが

(私だけでなく、みんなそうよね)

 

でも、そんな時だから、全く関係ないこんな話題も時にはいいかなと思って。

 

ーーーーーーーーー

 

Netflixでみられる、スタンダップ・コメディ。

ロニー・チェン(Ronny Chieng)のショーについてです。

 

わーと盛り上がるタイプの面白さじゃなくて、

知的で計算された面白さで、いいわー。

 

さてこの方、外見は中華系?

で、Netflixの番組では、アメリカで収録。

その前はオーストラリアにいたんですって。

 

 

実は、

 

マレーシア出身なんです!

 

えーーっ!

 

だけど、シンガポールにも長く住んでいて、アメリカにも住んで、オーストラリアで大学を卒業し、

それからまたアメリカに渡っています。

 

ーーーーーーーーー

 

さて、彼の名を一躍有名にしたのが、人気番組The Daily Showの出演。

 

2016年、FOXニュースの番組中、NYのチャイナタウンを舞台にしたあるコーナーがありました。

それは、キャスターが、中華系アメリカ人の一般人をインタビューし人種差別的な態度で笑いものにしたもの。

 

これに反発したロニーチェンは、The Daily Show において、

同じようにチャイナタウンを舞台にして、中国語を駆使しながら、全く同じような内容で一般人を尊敬を持ってインタビューし、

FOXニュースとは全く異質のものを作ったのです。

 

人種差別を利用したテレビ番組を、その差別を可視化することによって笑いものにすることに成功しました。

 

差別を元にした笑いに異を唱え、

逆に、「人種差別の愚かさを丸出しにしたテレビ番組」を「笑いの対象」にしたのです。

 

 

 

 

 

The Daily Showのような人気番組で、アジア系のコメディアンがこれを行なったことは、

多くの人に希望と勇気を与えたでしょう。

 

Youtubeでこの動画は、400万回以上再生されています。

 

実は、私がこれをみたのは何年も前。

その時は、Ronny Cheingのことを全然知らなかったんです。

たまたまみた動画でしたが、本当に素晴らしくて、感動しました。

400万人以上がみたというのもうなづけます。

 

 

興味のあるかたは、Youtubeで、Ronny cheing chinatownで検索すると出てきますよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、Netflixでの、ロニーチェンのスタンダップコメディですが、

私が一番笑ったのは、「チャイニーズニューイヤーの挨拶」の話。

 

これ、マレーシアに住んでる人だったら、きっとわかると思います!

日本にいたときだったら、ピンと来なかったと思うけど、

「ゴンシーファーチャイ」の意味が出てきます。

 

彼の説明できくと、すごくおかしい!

 

 

今日は、ペナンの話題でもないですが、

マレーシアに関係すること。

 

アメリカで活躍するマレーシア出身コメディアン、Ronny Cheingのことでした〜!

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村