ペナン・ライフスタイル

5月13日になり、テスコの買い物と私の気持ち

久しぶりにテスコでお買い物〜!

 

テスコは、MCO以前は、週1回は行ってたかな?

 

MCOが始まって少ししてからは、

テスコの人の多さが不安になって、避けてました。

 

また、タンジュンブンガマーケットもよく行っていたのですが

こちらも人の多さが気になってやめてました。

 

そういうわけで、3月末から4月いっぱいは、いつもと違う食品の買い物場所。

野菜の宅配(初めて頼んでみた)、コンビニ(普段はほぼ行かない)、

オーガニックショップZenxin(これは普段も行く)

ストレーツキーのサムズグロサリア(普段は、コーヒービーンズでお茶した後に寄るぐらい)で食料品はほぼ終了。

 

特に、ストレーツキーのサムズグロサリアは、MCO期間中に重宝しました。

コールドストレージ の半分ぐらいの品数と思いますが、

その分、人が少なくて、並ぶこともなかったし、お店の中も空いてました。

 

ーーーーーーーーーー

 

でも、大型スーパーにたまには行きたい、、、。

テスコだと、野菜の大量買いがしやすいんです。

マーケットや小さいスーパーって、数がそんなになかったりしますよね。

 

テスコのような大型スーパーは、スケールが大きい。どーんと置いてあるから。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

5月13日になり、とうとうペナンも、多くの企業が通常通りに戻った日。

 

今日の朝早くなら、人も多くないはず!と思って出かけました。

 

朝8時営業ですが、私が駐車場についたのが5分前。

並んでる人は十五人ぐらい。8時をすぎると、体温チェックの人がいて、みんな静かに入って行きます。

 

ーーーーーーーーー

お店に入るときには、名前と電話番号を記入。

 

サニタイザーも入り口にありました。

 

朝8時からのお買い物は、スイスイ、快適。

人も多くないし、これならテスコでも心配なく買い物できそう、と気が楽になりました。

 

ただ、葉物野菜は新しいものが届く前だったようで、

ほとんどシナシナでしたが(笑)。

 

それと、棚によっては品数が少なかったです。あと少し遅い時間だといいのかな?

パスタなども買ったし、帰りは重かった、、。生活用品も入れると、100rmほどのお買い物でした。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

一人ジョギングなども許可された状況に変わったのが、ペナンは少し遅れました。

5月13日。楽しみに待っていた人も多いですよね。

私の13日の行動は、食料品の買い出しだけの外出だったので、それは同じなんだけど。

 

でも、13日になって、「自分の気分が違う」ことにびっくり。

 

買い物してきただけなのに。

 

 

「おおっぴらに」外を歩けるって、、、、

 

自由。

 

ーーーーーーーーーー

 

1ヶ月半ほどの間、MCOがかなり守られていたこと(その間に無症状感染者がいたとしても、うつさずにいられただろうこと)

さらにペナンは、新規感染者のゼロが続いていることを考えると、

「今の」ペナンでは、感染の危険はかなり減っているはずと見積れることも、

私の気分にすごく影響してます。

 

 

4月は

 

感染怖い(感染の危険も測れないし、どこにも危険がありそうで不安)

+ルール厳しい、検問なども怖い(コンドミニアムの散歩すらダメ)

 

 

これが今は、

 

感染の危険は少なそう(ペナンの状況は特に)

+逮捕されたりの危険が減った(ジョギングや個人の運動などOKに)

 

 

に変わったのだもの。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

CMCOは続いているわけだし、ウィルスがこの世から消える訳ではないし、

気持ちを完全に緩めることはできないけど。

 

FBのコメントなどをみても、

「これからSOPを守って行こう」ということでマレーシアの雰囲気もしっかりしてるような気がしてます。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

でも、よくここまできたよね。

 

経済的に厳しい人、問題が解決してない人もいるだろうし、

これからどうなるか、誰にもわからないから

気楽に、全てがよくなるなんて言えないけど、、

 

 

少なくともマレーシアの感染状況に関しては、1ヶ月前は、こんなに減るなんて思えなかった。

 

マレーシアにすむ外国人である私たちも、一緒にやりきった。

 

外国で、こんな体験するなんて、滅多にないこと。

 

 

先のことはわからないけど、

 

 

私は、今は、もう少しこの幸せを味わっていよう。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村