ペナン・ライフスタイル

素敵だなと思うこと、コミュニティーということ

こんにちは!

 

オンラインクラスで運営中のペナンでヨガです。

 

オンラインクラスのあとは、いつも短いおしゃべり会。

といっても、ペナンでヨガは、こういうのもゆるゆるなので、

その時の用事、気分に応じて、適当に残る人は残って、帰る人は帰る。

 

これが、ペナンでヨガのコミュニティーの良さだと思うんです!

 

 

ペナンでヨガの生徒さんたちって、こんな感じ。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

1)上下関係、ありません。

 

← 先生も別に偉くない(笑)ので、ましてや、先に入った人が威張っているとか、

年上の人には気を使わなくては、とか、社会的なポジションが、、とか全くありません。

 

だから、いわゆる「お教室」みたいなイメージ(?)とは随分違うかと思います。

その場の関係性に気を使いながら、みんなの様子をみて、空気読んで、喋る言葉気をつけたりとか、、。

年齢とか立場とか、新入りなのに喋りすぎたら失礼かもとか、そういう系の、、。

 

私もできないし、ペナンでヨガは一切なし!

(そういうのが好きな方は否定しませんが、別のところでそれを楽しんでいただくといいかと、、、)

 

年齢も20代から60代まで、女性も男性もいて、いろんな状況の人がいるけど、

立場や性別、年齢、経験の有無、ヨガのうまい下手などは全く関係ありません。

 

全員、フラットな関係なので、全く気楽です〜。

 

 

2)派閥(笑)や悪口、ありません。

 

←誰も悪口いう場所がありません(笑)。

 

何がいいかって、そうすると、言われる心配もゼロなんです!

自分が受け入れられてるって、すごく安心。

 

 

 

 

3)「空気読めよ」がない

 

←みんなで一緒に同じに振舞わなくては批判される、という同調圧力ゼロ。

だから、おしゃべり会なども、出る人は出るし、帰りたい人は帰るけど、

それがどうということもありません。

 

 

自分の思うように振舞って、それが尊重されるってわかってるから、

みなさんも気楽にされてるのだと思います。

 

ーーーーーーーー

 

私は、この2年、ペナンでヨガの生徒さんたちと関わりながら、

こういうことを考えてきました。

 

私のクラスでは、人をランクづけするようなことをしたくないと思っていて。

 

例えば、「上手にできる」ことで、上に扱われるようなクラスだとすると、

上手な人は上、そうでない人は下になる。

 

そうすると、いろんな嫌な気持ちが出てきて、「あの人はうまいから調子に乗ってる」とか

「ちゃんと練習しないのが悪い」とか、もうぐちゃぐちゃになりそうでしょ(笑)。

 

だけど、その人の気持ちや状態、体のコンディションやモチベーションも色々だから、

上手とか下手とか、勝手に自分を評価されるなんて嫌ですよね。

 

 

ーーーーーーーーー

 

それで、今、生徒さんたちを見てると、

みなさんが、同調圧力もなく、自由に選んで

 

おしゃべり会も

残りたい時は残る(参加しようと思えば、いつでも受け入れられると知ってる

帰りたい時は帰る (残りたくない選択も尊重される

 

こういう風にされていて、本当に素敵だなって思ってます。

 

 

こんな感じなので、私も、生徒さんたちとおしゃべりするの楽しい、、、!

 

ペナンでヨガの価値って、クラスそのものだけでなく

生徒さんたちがこうやって、気持ちよくコミュニケーションを楽しんでいる、

そういうコミュニティーとしての価値もあるんだなって思ってます。

 

 

 

 

おしゃべり会で、毎日、面白くてよく笑ってますが、それはまた今度に。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村