ペナン・ライフスタイル

マレーシアあるある、、

突然始まる、工事の音。

 

今日のオンラインレッスンは、朝8時半からでした。

9時15分ごろ、突然、

 

ガガガ ガガガ ガガガ

 

ド、ドリル?

 

すごい音で始まっちゃたんですけど、、、。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

私は、ノートパソコンのマイクを普段使っています。

 

どのぐらいみなさんの方までこの音が聞こえるのかわからない。。

 

「音がきになるかたは、音量を下げてくださいね」といって、

音量を下げていただき、自分の声を張り上げることに!

 

ゆっくりと起き上がって、次のエクササイズ」などのインストラクションが、

ガガガに負けないように、

運動会のような大声に!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

大丈夫でしたか?と生徒さんたちにきくと

 

「低い音がしてるのは気が付いたけど、なんの音かわからないぐらい」

「赤ちゃんの心臓音みたいな感じ?」

「音量を下げてからは気にならない程度」

 

という訳で、そこまでではなかったようですが、びっくりしました。

 

ーーーーーーーーーー

 

マレーシアだと、こういうの本当によくありますよね。

 

とりあえず、レッスンの後、すぐ電気屋さんに走り、マイク付きイヤホンを買ってきましたよ。

試してみて大丈夫だったら、明日のレッスンはこれでやるかも。

 

というか、工事をやるかどうかも、どうせわからないだろうから、、。

 

1)コンドの個別の部屋だったら、マネジメントも把握していない可能性が高い。

よって、どの部屋か分からないだろう

 

2)万が一、どこの人かわかったとして、その人も業者さん任せだろう。

そして、業者さんも「たぶん、午前で終わるよ」とか(信用ならない)ことを言われるので意味がない。

 

という感じで、やきもきしても徒労なので、普段から気にしないようになっていくわけです。

 

 

 

こうやって、マレーシア感覚に慣れていく訳です、、、。

 

←誤解ないように言っておくと、全然けなしてないです。

むしろ、このぐらい適当な感じの方が、お互いのんびりでいいよね、と思ってるんです。

 

 

 

さて、今は静かになったから、明日は大丈夫と思います!

(マイクも買ったよ)